シカ・イノシシ対策専用くくり罠・害獣駆除対策のことならオーエスピー商会へ

オーエスピー商会
お見積もり・相談無料。TEL.097-523-0707(受付:9時〜17時) 38,000円以上ご購入の方は送料無料。
FAX注文用紙 お問い合わせ
マイページ カートを見る

Y式トラップの罠の設置の仕方

※注意
今回は設置方法をわかりやすく見せるため、複数箇所で設置方法の撮影を行っています。
実際の使用環境とは異なりますので、ご注意ください。

事前準備(くくり輪をパイプにセットする)

  1. ワイヤー止めを緩める。

  2. くくり輪を広げる。

  3. バネを押縮めてくくり輪をパイプにセットした状態
    ※この時少しバネが縮んでテンションがかかった状態になります。

  4. バネを縮めて収納する。
    ※バネの挿入方法は下記で説明。

これで事前準備は完了です。現地に行く時にワイヤーがパイプから外れないように十分注意して下さい。

バネ挿入方法1

  1. より戻し部を足で踏む

  2. パイプの底とワイヤー止を持ち、上方向に引き上げながら、バネを挿入する。

  3. バネが完全に挿入したら、ワイヤー止をしっかりと締める。

バネ挿入方法2

  1. 力が弱い方は、木や柱などにシャックル側を固定して、パイプの底とワイヤー止を持ち、片手又は両手で手前に引きながらバネを挿入する

  2. バネが完全に挿入したら、ワイヤー止をしっかりと締める。

1.外パイプを設置する

罠を固定する予定の立木から、ワイヤーが届く範囲の獣道に外パイプをいったん置きます。
外パイプの内側をスコップで掘り、最小限の穴を開けていきます。木の根等で切りにくい場合は根切り等で切りながら掘ります。

  1. 外パイプの内側を掘ります。

  2. 外パイプの外側に塩ビパイプより少し太めの棒などで、塩ビパイプを縦に埋めるための穴も掘ります。

  3. 穴を掘り終えたら、内パイプを完全に落ち込ませる為に内側の底をしっかりと水平に押固めます。

2.罠をセットする

ワイヤーがパイプから外れないように細心の注意を払いながら作業して下さい。

  1. 外パイプに塩ビパイプを垂直に保持したまま内パイプを挿入

  2. 垂直に保持出来ない時は斜めでもかまいません。

  3. 獲物がパイプを踏んだときにぐらつかないように、外パイプの上端ギリギリまで土を寄せてしっかりと固定します。

ポイント

くくり輪の位置によって反応するスピードを調整します。

  • 反応をあえて遅くしたい場合
    (ある程度の大きさの獲物を狙うため。)

  • 反応を早くしたい場合
    (小動物等も狙うため。)

設置の注意点

空弾き防止作業例

パイプの縁踏みと、バネの腹打ちによる空弾き防止するための作業例。
元からある木の根や石を利用する方法もあります。

  • 空弾き防止作業例A
    地面への小枝の差し込みと、バネ両サイドの障害物設置

  • 空弾き防止作業例B
    跨ぎ棒置きと、バネ両サイドの障害物設置

3.シャックル側を固定し、カモフラージュすれば完成です。

  1. シャックル側を固定します。
    捕獲後に暴れても周囲に被害が無く(人工物や道路が無い)、止め刺しをしやすい位置にある根付きがしっかりとした立木を選んで下さい。
    シャックルのネジをペンチ等でしっかりと締め、さらに針金等で固定することをおすすめします。

  2. 出来るだけ設置する前と同じ状態に戻して下さい。この時土を被せすぎると重みで作動することがあります。うっかり弾いて顔を打たないように作動域の外側から、慎重に作業して下さい。

はじめての罠猟から獲物獲得までの流れ 38000円以上ご購入の方は送料無料 商品カタログ 皆様のご意見をお聞かせください