シカ・イノシシ対策専用くくり罠・害獣駆除対策のことならオーエスピー商会へ

オーエスピー商会
お見積もり・相談無料。TEL.097-551-2205(受付:9時〜17時) 38,000円以上ご購入の方は送料無料。
FAX注文用紙 お問い合わせ
マイページ カートを見る

B式トラップの罠の設置の仕方

※注意
今回は設置方法をわかりやすく見せるため、砂場で罠の設置を行っています。
実際の使用環境とは異なりますので、ご注意ください。

1.仕掛ける場所を確認し針金、チンチロを結ぶ

獣道の罠に適した立ち木を見つけます。高さ1.5m〜2mのところに、バネを通した針金(太)を結びます。
準備しておいたチンチロをバネの下側に結びます。
(針金の長さが10cm程度になるように)

2.木の根に針金を巻きつける

しっかりした木の根や幹の最下部に、針金(太)を巻きつけて蹴糸を通すための輪を作ります。
この輪の位置(高さ)は蹴糸を張る高さに合わせます。と同時に、チンチロのツノにかける針金も準備します。

3.スリーブ5Sで輪を作る

針金(B) に準備したスリーブ5S(針金(c)と結んだ)を通した後で、輪を作る。
※輪を先に作ると、スリーブが通せません。

4.輪にチンチロをくっつける

バネを適切な長さに引き、チンチロのツノに、下からの針金の輪を引っ掛けます。
そしてチンチロが真っ直ぐになるようスリーブ5Sをはめます。

5.仕掛けワイヤーを木に結ぶ

事前にワイヤーを固定するために確認しておいた木にワイヤーを結びます。

6.ワイヤーを固定する

くくり部を設置する場所を決め、ワイヤー止の前部に叉木をしっかりと打ち込んでワイヤーを地面に固定します。

針金(太)  の片側を滑車に結び、その反対にS字フック(添付品)を結びます。そのS字フック(添付品)をバネにかける。

7.木の枝を打ち込む

木の枝をワイヤーの内側4か所に打ち込んで、くくり部を写真のような形に決めます。そして蹴糸を張ります。
※蹴糸の張り方は、場所や獲物の大きさ種類によって違うので、高低や前後は工夫してください。

8.ワイヤーを隠す

最後にワイヤーを隠します。必ず元の状態になるように上手くカモフラージュしてください。

はじめての罠猟から獲物獲得までの流れ 38000円以上ご購入の方は送料無料 商品カタログ 皆様のご意見をお聞かせください