シカ・イノシシ対策専用くくり罠・害獣駆除対策のことならオーエスピー商会へ

オーエスピー商会
お見積もり・相談無料。TEL.097-523-0707(受付:9時〜17時) 38,000円以上ご購入の方は送料無料。
FAX注文用紙 お問い合わせ
マイページ カートを見る

しまるくんT型の罠の設置の仕方

※注意
今回は設置方法をわかりやすく見せるため、複数箇所で設置方法の撮影を行っています。
実際の使用環境とは異なりますので、ご注意ください。

罠を設置の事前準備(現地の作業を簡単にするため)

  1. 安全フックがずれないように固定をしている結束バンドを切断して外します(弊社出荷時の状態)

  2. バネ先端と安全フックの間に荷造り紐等(結束バンド他)でしっかりと固定します。

ポイント
荷造り紐等でしっかりと固定する理由は、現地に行くまでの二重の安全装置の意味と、安全フックを外す時の空弾き防止の為(設置作業の一番最後に荷造り紐等を切って作業完了)
※安全フックは紛失防止の為、目立つリボン等を付けておく事をおすすめします。

1.外パイプを設置する

  1. 罠を設置する場所を決めます。
    罠を固定する予定の立木から、ワイヤーが届く範囲の獣道に外パイプをいったん置きます。

  2. その内側をスコップで掘り、最小限の穴を開けていきます。木の根等で切りにくい場合は根切り等で切りながら掘ります。

  3. 穴を掘り終えたら、内パイプを完全に落ち込ませる為に、内側の底の土をしっかりと水平に押固めます。

  4. 獲物がパイプを踏んだときにぐらつかないように、外パイプの上端ギリギリまで土を寄せてしっかりと固定します。

ポイント
外パイプ周りの土のよせ方が偏ると、外パイプが圧迫され変形し、内パイプが落ちにくくなる事があります。

2.内パイプにくくり輪をセットする

  1. ワイヤー止を緩め、くくり輪を広げます。
    ※ワイヤー止のネジが外れて紛失しないように注意して下さい。

  2. くくり輪を内パイプにセットします。
    内パイプをくくり輪がしっかり抱き込むように、ワイヤー止をバネ側に押しつけながら、しっかりとワイヤー止を締め込みます。

ポイント
くくり輪の位置は内パイプ側面の広い側のネジのそばにかけて下さい。

3.罠をセットする

  1. 少しバネを曲げ込んでコイル側にずらして安全フックを外します(安全フック置き忘れに注意)。
    ※この時荷造り紐等でしっかりと固定されている事を必ず確認し、くくり輪から内パイプが外れないように注意してください。

  2. 事前に埋めてある外パイプに内パイプとバネをセットし、仕掛ワイヤーを固定する立木の方へ這わせます。

  3. パイプとバネが水平かつまっすぐになっていることを確認します。
    バネのコイル部がパイプよりも高くなると、時間の経過とともに、バネが開こうとする力で空弾きになることがあります。

  4. シャックル側を固定します。
    捕獲後に暴れても周囲に被害が無く(人工物や道路が無い)、止め刺しをしやすい位置にある根付きがしっかりとした立木を選んで下さい。
    シャックルのネジをペンチ等でしっかりと締め、さらに針金等で固定することをおすすめします。

設置の注意点

縦方向にバネを正確に作動させるための注意点

くくり輪を高く上げることが捕獲率アップに繋がります。

  • 垂直にバネを作動させる方法1
    小枝等を平行に打ち込む。

  • 垂直にバネを作動させる方法2
    小枝等を交差するように打ち込む。

空弾きをより少なくするため

空弾きをより少なくするために、獣道にA突起物やB障害物を設置します。

  • 空弾き防止作業例A
    地面への小枝の差し込み

  • 空弾き防止作業例B
    跨ぎ棒置き

バネの腹打ちによる空弾き防止するために。
※元からある木の根や石を利用する方法もあります。

  • 空弾き防止作業例C
    バネ両サイドの障害物設置

4.落ち葉で罠を隠し、バネの固定を解いて完成です。

  1. 出来るだけ設置する前と同じ状態に戻して下さい。この時土を被せすぎると重みで作動することがあります。

  2. 落ち葉等でのカモフラージュを終えたら、バネを固定している荷造り紐等をハサミ等で切断して下さい。この時にうっかり作動させて顔などを打たないように、バネの可動域外から作業してください。
    ※カモフラージュ後の作業ですが説明の為、あえてカモフラージュしてない状態で撮影しています。

補足説明 バネ折り曲げ作業の手順

本来であればワイヤーがセットされた状態での作業です。
くれぐれもバネ曲げ作業中に怪我が無いように注意して下さい。

  1. 安全フックをバネに引っかける。
    (4の状態になるように、かける側に注意)

  2. 太ももの内側で曲げる。

  3. 太ももの力も使いながら、両手で曲げ込み、片手で保持しながら安全フックをかける。

  4. バネのくくり輪側に安全フックの丸側がくるように。

  5. バネ先端と安全フックの間に荷造り紐等(結束バンド他)でしっかりと固定します。

はじめての罠猟から獲物獲得までの流れ 38000円以上ご購入の方は送料無料 商品カタログ 皆様のご意見をお聞かせください