シカ・イノシシ対策専用くくり罠・害獣駆除対策のことならオーエスピー商会へ

オーエスピー商会
お見積もり・相談無料。TEL.097-523-0707(受付:9時〜17時) 38,000円以上ご購入の方は送料無料。
FAX注文用紙 お問い合わせ
マイページ カートを見る

しまるくんT型の罠の設置の仕方

事前準備

1.インシュロックを切り、フックをバネ先端に寄せます。

バネ先端のインシュロックを切断し、安全フックは紛失防止の為、目立つリボン等を付けておく事をおすすめします。
インシュロックを切断後、フックをバネ先端へ寄せます。

山での設置方法

2.外パイプを埋めます

  1. 罠を設置する場所を決めます。
    (罠を固定する立木からワイヤーが届く範囲内で)
  2. 外パイプの内側とねじりバネを埋めるための穴を掘ります。
    掘った土のニオイをさせないようにご注意ください。

3.埋めた外パイプの内側の底をしっかり水平に固めます

  1. 穴を掘り終えたら、内側の底をしっかりと水平に押固めます。
  2. 獲物がパイプを踏んだときにぐらつかないように、外パイプの上端ギリギリまで土を寄せてしっかりと固定します。

4.内パイプにくくり輪をつける

ワイヤー止を緩めてからくくり輪を作り、内パイプにワイヤーをかけます。その後、ワイヤー止を締め込み、内パイプにワイヤーをしっかりセットします。くくり輪の位置は内パイプ側面の広い側の上部にかけてください。その後、安全フックを外します。

  1. ワイヤー止を緩める時はネジが外れて紛失しないように注意してください。

5.内パイプをセットします

ワイヤーをパイプの上部5mm程度の場所にかけ、事前に埋めてある外パイプに、
内パイプとねじりバネを設置します。仕掛ワイヤーは固定する木の方へ這わせます。

6.バネの固定方法と障害物の設置例

捕獲のポイントはバネを真上に弾かせる事です。
バネが横倒れしない為に、バネに小枝などを平行及び交差に打ち込みます。(※1)
バネコイル側も横倒れを防ぐ為、枝等で支えると良いようです。(※2)
※下段のバネが地面をしっかり蹴り上げることで、くくり輪を高く上げることが出来、捕獲率アップに繋がります。

  1. 内パイプの四隅に小枝を刺し
    内パイプをささえるようにすると
    傾きを防止できます。
  2. 地面への小枝の差し込みと、バネ
    両サイドの障害物を設置します(枝など)
  3. 跨ぎ棒を置き、バネ両サイドに
    障害物を設置します(石など)

7.シャックルを固定する

捕獲後に暴れても周囲に被害が無く根付きがしっかりとした立木を選んでください。
シャックルのネジをペンチ等でしっかりと締めます。
※さらに針金等でねじが緩まないように固定することをおすすめします。

8.落ち葉などでカモフラージュする

出来るだけ設置する前と同じ状態に戻してください。
この時、土を被せすぎると重みで作動することがあります。
うっかり弾いて顔を打たないように作動域の外側から、
慎重に作業し、パイプの中心を踏ませる工夫をしてください。

※補足※ ねじりバネの曲げ方

※補足※
現地に行くまでの二重の安全装置の意味と、安全フックを外すときの空弾き防止の為、
ねじりバネを荷造り紐で結ぶと良いようです。
罠を設置する際には荷造り紐を切り忘れないようにご注意ください。

はじめての罠猟から獲物獲得までの流れ 38000円以上ご購入の方は送料無料 商品カタログ 皆様のご意見をお聞かせください